カサンドラ症候群は家庭の中だけではありません。




こんにちは。

田代裕貴です。


セッションのお客様の声をいただきました。

カサンドラ症候群は家の中だけで起こると思われがちですが、職場でもあります。

自分はおかしいのか?と思うこともあり、対処法に迷うようですが、

正直、しっかり自分軸を作っていかないと根本対応にはならないのが現実。




多くの人がおっしゃる「自分が変われば、相手も変わる」というのはカサンドラ症候群では通用しません。

「相手が怒らないようにするために自分を変える」ことは自分を潰すことになってしまうので、オススメしません。



自分を悪者にすれば、辛いとはいえ省エネです。

自分を相手の都合に合わせて変えていけばいいだけですから。


でも、それは幸せなのでしょうか?

誰のために生きているのでしょうか?



もっと言うなれば「誰のコトバで生きている?」に行き着きます。


コトバは脳の中で作られます。

そして、人は言葉でイメージし行動します。


自分を悪者にする生き方は幸せになれるでしょうか?



お仕事の中でも自分らしくいられない、という方のご感想です。

仕事における人間関係がめんどくさい、とウンザリした様子でのカウンセリングでした。


●田代裕貴の印象は? 緊張しないで臨めたのは、田代先生がおおらかな雰囲気でいらしたから、だと感じます。 最初に《今日の時間はこんな感じで進めます》と説明してくれたことも安心感に繋がりました。肩の力を抜いている感じが、私に伝わってきましたので、話しやすかったです。 ●どんなことで悩んでいましたか? 何で分かってもらえないの?という仕事上での上司や同僚に対する感情に悩んでいました。 特定の人と衝突していた(いる)こと。自分の感情を真っ直ぐにぶつけ、時に相手の心を脅かしているという発見がありました。 承認欲求?囚われていたと思います。 ●気づいたこと、今後どうしたいかなど まだボンヤリ感はありますが、、、。自分という人間そのものは駄目ではないこと。自分が抑えて抑えて耐えなくちゃ、でも何かあると言い返さずにはいられない、、、の繰り返し。そうか。抑え過ぎても駄目なんだ。やり過ごすのか!毅然としていていいんだ!反射的に直ぐに発言する前にワンテンポ置いてみよう。今の上司は僕ちゃんなんだ!上司の仮面を付けた、自分大好きなオコチャマなんだ!明後日から、肩の力を抜いて《戦闘対戦モード》を消して?過ごしてみよう!

カウンセリングで何を話すか迷っていても大丈夫です。

事前のヒアリングシートに書いていただくことで整理されますし、

そうでなかったとしても色や絵で表現することで、話せますよ。


自分軸を作るにはアダルトチルドレンを克服する必要があります。

自分軸がなかなかできないのはHSPが影響していることがあります。

だから、一人では難しいのです。



これまでよく頑張ってきたな~と思いますよ。


良かったら期間限定で無料個人セッションプレゼントさせていただきます。

詳しくは画像をクリックしてご覧くださいね!

↓↓↓