うまくいかなかったときの対処法



ときどき、

「わたしはこんな自分になることもあるんだ」

ということがありませんか?



例えば・・・

「いつもはこんな怒る人じゃないのに」

「いつもはこんなに話さないのに」

と特定の場面では人が変わることがありませんか?



人間の脳は「自分」を認識するのが

弱いと言われているので、

時折、思ってもみなかった自分が

顔を出すことがあります。



そして人格は年輪のように

生きてきた時間が長いほど増えます。

そして多くが失敗をもたらす

好ましくない人格なのだそうです。



その中で、

なぜか自然にうまくいく自分

がいることがありませんか?



こんな風にうまくいく自分、

努力の結果が出る自分、

勘が働く自分、

器用な自分、

はったりを乗り切った自分・・・




実はうまくいっているときの人格は

一人だけ、と言われています。



その自分が出ているときは

  • どんな呼吸をしていて、

  • 重心はどこにあって、

  • どんな色がよくて、

  • どんなサウンドがあって

  • どんな香りがあり、

  • 明るさはどの程度がよく

  • 視線はどこに向けているのか?


をチェックしておくと良いですよ♡



何もかもうまくいかない時には

自分の状態をチェックし、

呼吸や環境をチェック。


自分の身の回りを整えていくと

「うまくいくための自分」を

呼ぶことができます。



 

こちらもごらんください! 無料セッションをプレゼントしています!

↓↓↓